ヤマダSIMプラスは受付終了。解約手順や解約前確認事項まとめ

SIM・スマホ

2020年当サイト人気の格安SIMランキング
【1位】BIGLOBEモバイル
- エンタメフリーでYouTube見放題!
【2位】LINE MOBILE
- 月額600円からのシンプルな料金プラン!
【3位】楽天モバイル
- 楽天ポイントが貯まる! 使える!

今ならBIGLOBEモバイルがこんなにおトク!人気のエンタメ・フリーオプションが6ヵ月間無料!(初回申し込みのみ)

ヤマダSIMプラスは、ヤマダ電機と楽天が提携して運営している格安SIMです。

元々は楽天ではなく、電気通信事業を営んでいるFREETELが運営していました。しかし、2017年11月に楽天がヤマダSIMプラスを買収したため、運営会社が変わり、新規受付終了しているSIMです。

ヤマダSIMプラスとは?

ヤマダSIMプラスはヤマダ電機の格安SIMのうちの一つですが、ヤマダ電機のSIMにはヤマダニューモバイル(旧ヤマダSIM)と言うSIMもあり、旧名が少しややこしいです。ヤマダSIMプラスとヤマダSIMは別のSIMなので間違えないようにしてくださいね。

ヤマダSIMプラスは使い放題のSIMが2,980円と言う安さから、多くの人に愛されたSIMカードです。

ヤマダSIMプラスは新規受付終了

多くの人に愛されたヤマダSIMプラスですが、残念ながら現在は新規受付終了しています。

運営会社がFREETELから楽天に代わり、新規受付終了をはじめ、メッセンジャーアプリデータ通信量0円サービスの提供終了など、いつサービスが終了になるかわかりません。

まだまだ使いたいと言う方もいるかも知れませんが、将来性の不安からそろそろ新しいSIMに乗り換えたいと言う方も多い事でしょう。

ただ、いざ解約するとなると手続き方法がわからなかったり、解約金がいくらかかるのか不安でなかなか解約まで踏み切れないこともあります。そんなあなたのために、まずは解約手順から解説していきます。

ヤマダSIMプラスの解約手順を解説!解約後はSIM返却不要!

ヤマダSIMプラスはマイページから解約可能です。SIMの中には、解約手続きを電話でしなければいけないにも関わらず、電話がなかなか繋がらなくて解約できない…なんてこともありますよね。

その点、ヤマダSIMプラスはヤマダ電機に行く必要もなければ電話も不要です。それでは具体的な解約手順を解説していきます。

ヤマダSIMプラス解約手順解説

具体的な解約手順は以下の通りです。

  1. ヤマダSIMプラスマイページにログイン(※ログインするにはメールアドレス、パスワードの入力が必要です。事前に用意しておきましょう。)
  2. マイページのお問合わせフォームから解約申請(電話番号の入力が必要です。確認しておきましょう。入力はハイフンなしです。)
  3. 事務局からの連絡を待つ(当月25日までの申請で当月末解約です。26日以降は翌月末解約です。この時点ではまだ解約を申請しただけなので、手続きは終わっていません。)
  4. 解約受付メールが送られてくる
  5. 解約手続き完了メールが送られてくる

主な注意点は以下2点です。

  1. 毎月26日以降の解約申請は翌月末解約
  2. 解約月の翌月も数日利用できるが、別途使用料金がかかる

申請日が26日だと当月解約できず、余分に翌月分も支払うことが必要です。早く解約したい方は、必ず25日までに解約申請しましょう。また、利用できるからと言って解約後も使い続けると、別途請求されてしまいます。解約月以降は使用しないようにしてくださいね。

ヤマダSIMプラスはSIM返却不要

ヤマダSIMプラスは解約後、SIMの返却不要です。SIMの中には、返却しなければ損害金を請求されるところもあるので、返却しなくていいのはとても楽ですね。このように、ヤマダSIMプラスを解約する際は、比較的簡単に解約できます。

それでは次に、とても重要な解約金について解説します。

【重要】ヤマダSIMプラスの解約時にかかる違約金解説

続いては重要な、解約時にかかる費用についてです。解約時の費用がいくらかよくわからないために、解約を先延ばしにしている方も多いですよね。ここでしっかり説明しますので、ご安心ください。

ヤマダSIMプラス解約手数料

ヤマダSIMプラス解約時は、音声通話付SIMを6ヶ月以内に解約した場合、解約事務手数料が6,000円かかります。

ヤマダSIMプラスには、データ通信専用と音声通話付SIMがあり、データ通信専用では電話はできません。解約前に、あなたがどちらのタイプのSIMなのか、契約期間が6ヶ月以内かどうか確認しましょう。

MNPって何?MNPの場合の手数料は要注意

先ほど、音声通話付SIMで契約期間6ヶ月以内の場合は解約事務手数料6,000円かかるとお伝えしましたが、MNPで他社に乗り換える場合は要注意です。

MNPとは、今と同じ電話番号で他社に乗り換えることを言います。例えば、ヤマダSIMプラスで080-××××-1234と言う電話番号を使っていた場合、そのまま同じ電話番号をauで利用すると言ったサービスです。固定電話よりもスマートフォンを使う方が多いこのご時世ですので、SIMを変える度に電話番号を変えるのはとても大変ですよね。

知人や勤め先への連絡だけでなく、アプリのログインなどにもスマートフォンの電話番号を設定することも多くなりました。同じ電話番号を利用できれば、面倒な手続きを省くことが可能です。

そんな便利なMNPですが、利用するには手数料がかかります。手数料は契約期間によって変わりますので、まずは以下をご確認ください。

  • 契約当月の MNP 転出 15,000 円
  • 契約後 2 ヶ月目の MNP 転出 14,000 円
  • 契約後 3 ヶ月目の MNP 転出 13,000 円
  • 契約後 4 ヶ月目の MNP 転出 12,000 円
  • 契約後 5 ヶ月目の MNP 転出 11,000 円
  • 契約後 6 ヶ月目の MNP 転出 10,000 円
  • 契約後 7 ヶ月目の MNP 転出 9,000 円
  • 契約後 8 ヶ月目の MNP 転出 8,000 円
  • 契約後 9 ヶ月目の MNP 転出 7,000 円
  • 契約後 10 ヶ月目の MNP 転出 6,000 円
  • 契約後 11 ヶ月目の MNP 転出 5,000 円
  • 契約後 12 ヶ月目の MNP 転出 4,000 円
  • 契約後 13 ヶ月目以降の MNP 転出 2,000 円

出典:https://www.freetel.jp/sim/yamada/faq/

例えば、音声通信付SIMを6月に契約し、7月末で解約・MNPで他社へ乗り換える場合、以下の解約金がかかります。

・解約事務手数料 6,000円
・MNP転出手数料 14,000円

解約するだけで2万円はかなりの出費ですね。解約前には必ず、自分の契約期間を確認しましょう。

それでは次に、データ使用量対象期間について解説します。

ヤマダSIMプラス解約前に確認!データ使用量対象期間

解約する前に、データを使いきってから解約したいと言う方も多いですよね。ここでは、ヤマダSIMプラスのデータ通信量対象期間を解説します。

ヤマダSIMプラスデータ使用量対象期間

ヤマダSIMプラスのデータ使用量対象期間は、毎月1日〜月末です。

データ使用量を月の途中で使い切ってしまって場合、通信速度が遅くなってイライラすることありますよね。その場合は、翌月1日に通信速度が再度元に戻ります。

解約申請後に解約できるのは月末になるので、月末までに残っているデータを使い切ってくださいね。

それでは次に、カードポイントについて解説していきます。

解約前に確認!ヤマダ電機カードポイント付与について

ヤマダSIMプラスの特徴は、利用料の一部がヤマダ電機のカードポイントとして還元されることです。普段、カードポイント付与日を意識している人は少ないと思うので、解約後にいつポイント付与されるのか気になりますよね。
ここではヤマダ電機のカードポイントについて解説します。

ヤマダSIMプラスでポイント付与対象はどのサービス?

ヤマダSIMプラスのポイント付与は以下のカードが対象です。

  • ケイタイde安心
  • ヤマダLABIカード

注意点は、ヤマダ電機の店頭で配布している無料ポイントカードは対象外と言うことです。上の画像の右側をご覧ください。ヤマダ電機で買い物をしたことがある人なら誰でも見たことがあるこのカード。これらはヤマダSIMプラスポイント付与の対象外ですので、注意しましょう。

そして、対象カードを持っている方は、以下の利用料金のうち2%がポイントとして還元されます。

  • 月額基本料金
  • 通話料
  • ユニバーサルサービス料
  • 国内SMS送信料

対象カードを持っていても、以下の方はポイント付与対象外です。

  1. ヤマダウェブコム会員でない人
  2. ケイタイde安心に登録していない人
  3. SIMの利用時にYAMADAポイント会員登録番号を登録していない人

ヤマダウェブコムの会員登録は上記リンクから可能です。ケイタイde安心の登録がまだの方はこちらから登録方法を確認しましょう。

また、SIMを利用する際に会員登録番号を登録していない人は、以下の画像にある通り、マイページからお問い合わせしてくださいね。

会員登録番号を登録したとしても、さかのぼってポイントをもらうことはできないので、できるだけ早く登録しておくことが大切です。

ヤマダ電機カードポイント付与日はいつ?

ポイント付与日は毎月の利用料金の請求から1〜2ヶ月です。解約後になかなかポイント付与されなくて不安になるかも知れませんが、気長に待ってくださいね。1〜2ヶ月待ってもなかなかポイントが付与されない場合は、問い合わせましょう。

ヤマダSIMプラスを解約時の問合せ先まとめ

ヤマダSIMプラスを実際に解約するために、問い合わせ先をまとめました。困ったときは以下へ問い合わせてください。

ヤマダSIMプラス公式ページ・問合せ先一覧

  • 問い合わせ先:0800-805-0800
  • 営業時間:9:00~18:00(年中無休 ※指定休日を除く)
  • メールアドレス:yamada_help@freetel.jp

出典:ヤマダSIMプラスマイページ・公式ページ

まとめ

今回はヤマダSIMプラスの解約方法などについて解説しました。すでに新規受付終了してしまったヤマダSIMプラスですが、ぜひ解約を検討されている方の参考になれば幸いです。

  • ヤマダSIMプラスの新規受付は終了
  • 解約時はマイページから申請する
  • 解約手数料は契約期間によって変わるが、MNPで他社切り替えする場合はさらに手数料がかかる
  • ポイント付与は請求から1〜2ヶ月後