So-netモバイルの解約方法とは?違約金やキャンセル方法について

SIM・スマホ

2020年当サイト人気の格安SIMランキング
【1位】BIGLOBEモバイル
- エンタメフリーでYouTube見放題!
【2位】LINE MOBILE
- 月額600円からのシンプルな料金プラン!
【3位】楽天モバイル
- 楽天ポイントが貯まる! 使える!

今ならBIGLOBEモバイルがこんなにおトク!人気のエンタメ・フリーオプションが6ヵ月間無料!(初回申し込みのみ)

So-netモバイルを解約する際の方法とは?

インターネット回線を解約したいけれど、どうやって解約すればいいのか分からないというのは軽っして珍しく有りません。とくに、So-netモバイルのようなモバイルwifiの機能も兼ね備えているインターネット回線ではよくあることです。この記事では、そんなSo-netモバイルの詳しい解約方法に、おすすめのインターネット回線までを徹底的に解説していきます。

解約方法は契約している端末によって異なる

まず、結論としてですがSo-netモバイルの解約方法は契約している端末によって大きく異なってきます。So-netモバイルには大まかに分けて、LTEとWiMAX2+の2種類の契約方法があるためです。

まず、LTEですが、こちらは2020年時点で新規契約を終了しているサービス、端末になります。音声電話もデータ通信もできる格安SIMカードであり、LTEの中からさらにTE +Talk S2プランとSo-net モバイル LTE +Talk Lプランに分かれています。

違いは、データ通信量の限度のみです。WiMAX2+のほうも、厳密にはFlat ツープラスとFlat ツープラスギガ放題、2種類の契約プランがありますが、解約の方法を含めて、大きな違いはありません。

LTEの解約方法

では、それぞれ具体的にどうやって解約するのでしょうか。LTEの場合は、まずSo-netモバイルのサイトにアクセスして、So-net モバイル LTEをクリックします。

すると、登録メールアドレスに解約受付のご連絡という内容のメールアドレスが届くので、ひとまずはこれで終了です。サービスを解約した後に、SIMカードの返却も忘れないようにしましょう。

基本的な方法ですが、So-netモバイルだけではなく、So-netごと解約したい、MNPをしたいという場合にはそれぞれ方法が異なってきます。So-netごとの解約はウェブサイトの該当ページから情報を入力、MNPの場合は、LTE解約の過程でMNP解約を選択し、MNPを行った上で解約をします。

WiMAX 2+の解約方法

WiMAX2+の場合も、So-netのサービスごと解約するのか、So-netoモバイルだけ解約するのかによって、その解約方法は異なってきます。

ですが、どちらもウェブサイトから解約を進めるのは同じです。So-netのサービスを解約しないのであれば、解約ボタンをクリックすると、連絡が届くので、契約解除料や機器の返却など諸々のことをおこなえば完了です。

So-netごとの解約の場合は、Wimax2+の解約ではなく、So-netの退会を選択しましょう。その後の手順は通常の解約とまったく同じです。

So-netモバイルを解約する際に注意すべきこと

ここまでは基本的な解約方法について、それぞれのサービスごとに分けて解説してきました。では、いざ解約するとなったときに注意しておくべきことはどんなことでしょうか。この項で解説します。

違約金を取られる心配はないか

LTEの場合も、Wimax2+の場合も契約期間が一定期間に満たなかった際に契約解除をおこなうと、契約解除料が請求されてしまいます。

まずは、LTEの場合です。LTEに関しては、先程解説したプランからさらに細かく13個のプランに分かれて、それぞれ契約解除料と契約期間が設定されています。高いプランでは9,500円の契約解除料がかかりますが、安いプランではまったくかかりません。

プランごとに大きく変わってくるので、契約解除する際には必ず自分のプランの費用を確認しておきましょう。WiMAX2+の場合は契約していたプランの年数によって、その解除料が変わってきます。

例えば、2年プランの1年目に解約したならば、19.500円の費用が発生しますが、3年目以降であれば、9,500円まで抑えることができます。

実はまだまだお得に利用できる!?

契約解除をする際には、契約更新月以外ではある程度の費用がかかってしまうことをきちんと計算に入れておかなければなりません。

契約解除をするということは、そのサービスが不要になったためですが、実は意外と契約を続けたほうがお得になる場合があります。さきほども解説したように契約解除料はその契約年数によって変わってくるためです。

1年目に契約解除すると高くなりますが、2年目、3年目とその契約解除料はどんどん安くなっていきます。あまり使わないからといって、すぐに解約して高額な契約解除料を払うより、数年間契約してから解除したほうがお得になるということもプランによては考えられるためです。

返却すべき物はきちんと返却しよう

契約解除をすればそこで終了ということはありません。LTEの場合もWiMAXの場合もSo-netに返却しなければならないモノがあります。LTEの場合は、SIMカードがその返却すべきモノです。きちんと

So-net側に返却するようにしておきましょう。この返却を怠った場合は、SIMカード損害金が発生してしまいます。Wimax2+の場合は、LTEと違ってSIMカードを廃棄してしまって問題ありません。ただし、Wimax2+のルーターをしっかりと返却しなければなりません。返却しないと買取ということになり、かなりの額の損害金が発生します。

So-netモバイルを解約した後にすべきこと

情報と注意点もしっかりと抑えて、解約をしたのであれば、次にすることはいったいなんでしょうか。この項目では、解約した後にやっておきたいことについて紹介していきます。

インターネット回線を確保しよう

解約してからまずすべきことは新しいインターネット回線の用意でしょう。仕事にしても娯楽にしてもそれまで使用していたインターネット回線が使えなくなるのですから、新しい回線を用意しておく必要性が出てきます。

もっとも、この点に関してはそれまで使用していたインターネット回線の用途も関わってきます。それまで、外出用の回線として利用していて、今後は必要ないので契約解除した場合などでは新しいインターネット回線は必要ないですからね。

おすすめのインターネット回線とは

おすすめのインターネット回線とは具体的にどのようなモノを指すのでしょうか。第一に回線がしっかりしていることが挙げられます。

一定の利用者が集中してしまうと、回線速度が遅くなってしまったり、エリア外に出ると繋がらなくなってしまうのはお世辞にもしっかりしているとは言えません。今回、おすすめするのはSo-netモバイルと同様にSo-netが提供しているNURO、NUROモバイルです。

これは、多くあるインターネット回線の中でも特にスピード性がしっかりしているためおすすめできます。また、同じSo-netの後継回線のような位置づけなので、契約もスムーズに進めることができるのが素晴らしい点です。

So-netモバイルの解約はキャンセルできる?

解約がキャンセルできるかどうか、どこまで解約がすすんでいたかによります。公式ウェブサイトから、解約をクリックし、受付がされたまでの状態でしたら解約をすることは可能です。しかしながら、機器の破棄や返却、So-net自体の解約をしてしまってからでは、遅いです。そうなってしまったら、解約をキャンセルすることはできず、そのまま契約解除になってしまいます。

まとめ

今回は、So-netモバイルに関して、基本的な情報や解約方法などを解説してきました。いかがだったでしょうか。契約しているプランによって解約方法が違う点がしっかりと伝わったでしょうか。引き続きSo-netの回線を利用する際も、別の回線を契約する場合も自分に合った回線を選ぶことが重要です。