スマモバを解約する方法は?出費を抑えて手続きする方法も解説

SIM・スマホ

2020年当サイト人気の格安SIMランキング
【1位】BIGLOBEモバイル
- エンタメフリーでYouTube見放題!
【2位】LINE MOBILE
- 月額600円からのシンプルな料金プラン!
【3位】楽天モバイル
- 楽天ポイントが貯まる! 使える!

今ならBIGLOBEモバイルがこんなにおトク!人気のエンタメ・フリーオプションが6ヵ月間無料!(初回申し込みのみ)

携帯大手3社もこぞって値下げプランを計画中のこの時期、スマモバから他社の乗り換えたいと思っている方も多いのではないでしょうか?でも、いざとなるとその手続きがイマイチわからず諦めてしまう方もまた多いようです。

また、お金がいくらかかるのかが気になって、足がすくむ方もチラホラいらっしゃるとか・・・せっかく乗り換えるのであれば、出来るだけ負担金は最低限に抑えたいものです。

実際、解約する時期や様々なキャンペーンを利用することにより手数料を比較的安く抑えることも可能です。今回はスマモバを出来るだけ負担金なしで解約する方法について解説していきますので、興味のある方は最後までご覧ください。

スマモバを解約する方法は?

ほとんどのユーザーがマイページから解約手続きを行っていますが、他にも方法があります。1人で手続きをするのが不安な方は、サポートを受けながら処理する方法もあります。実際にどのような方法があるのか、具体的に説明していきましょう。

正規認定ショップで解約する

スマモバの正規認定ショップで解約する方法になります。自分一人で解約するには少し不安がある、といった方におすすめです。

パスワード、IDを忘れてしまった場合や、その他わからないところも店舗スタッフがその場ですべて対応してくれるので、かなり安心です。

つまずきながら1人で手続きするより時間もかかりません。ただし、正規認定ショップは全国に16店舗しかなく、近くにショップがない、ショップが家からかなり離れているところにある、等といった方にはたどり着くまでの苦労を想定すると、あまりおすすめできません。また、ショップによっては販売や修理対応のみのところもあるので、事前に調べておいたほうが良いでしょう。

マイページから解約する

スマモバでは、ユーザーに向けて開設されているマイページから解約手続きをすることが可能です。マイページは自らダウンロードしなくてもすでに端末にブックマークされているので、そこから手続きを進めていくことが可能です。

また、万が一マイページを消してしまった場合でも、公式ホームページにログインし、解約手続きを進めていくこともできます。公式HP右下にあるチャットサポートから入っても最終的にはマイページより解約手続きをすることになります。

つまり、正規認定ショップの数も少ないスマモバにおいて、ほとんどのユーザーがこの方法を使って解約することになるのです。基本ショップに足を運ばなくても、オプションなどの解約も含め、全ての解約手続きがこの方法で完結できます。

不明な点が多く、手続きが進められない際は、カスタマーサポートに連絡を取りながら進めることもできるので、1人で手続きをするのが不安な方も安心して利用できる方法です。

スマモバチャットサポートから解約する

スマモバではユーザー側と運営側をつなぐツールとして「スマモバチャットサポート」を設けています。公式画面の右下にあるチャットサポートの画面をクリックすると、料金の確認やオプションの追加など、様々な要件を問い合わせることが出来るようになっています。

このチャットサポートの項目にある「解約、MNP転出」をクリックすると、解約をすすめることが可能です。手続きに関する不明な点もこちらからオペレーターに質問できますので、このシステムを有効に利用しましょう。

解約時にかかる手数料について

スマモバでは最低契約期間を過ぎていれば、基本負担金は発生しませんが、最低契約期間内に解約してしまうと様々な負担金が発生します。場合によっては負担金が高額になってしまうこともあるので、解約する前に一度確認することが重要です。ではどのような負担金が発生する恐れがあるか、見ていきましょう。

最低契約期間中に解約した際の違約金

スマモバでは各プランに対し「最低契約期間」を設けています。ほとんどのプランが24ヶ月縛りですが、中には36ヶ月縛りのプランもあります。この最低契約期間を過ぎた後の解約に関しては手数料はかからないのですが、最低契約期間内に解約してしまった場合においては解約手数料(各プラン共通:税抜き9,800円)が発生してしまいます。

端末代等も重なるとかなりの高額になってしまうかもしれません。自身の契約期間はマイページから確認することが可能です。解約する前に一度確認し、本当に解約してよいものか、よく考えてみてください。

端末の分割払い残金

スマモバでは端末を分割払いで購入した場合36回払いとなります。なので36ヶ月以内に解約した場合、残りの代金を清算しなければなりません。この場合一括での請求となりますので、高額の端末を分割払いで購入し、短期間で解約してしまうとかなり高額の料金が請求されることになります。

契約期間、支払い残額はマイページからも確認できるので、解約前に一度チェックしておいたほうが良いでしょう。負担金を抑えて解約したいのであれば支払い終えてからの解約をおすすめします。

MNP手数料

他社への乗り換え時に利用していた番号を継続して使用したい場合、MNP転出の事務手数料がかかります。この手数料は、最低契約期間を過ぎているからといって、発生しないわけではありません。

MNP転出を希望するすべての方に、手数料が発生します。MNP手数料は解約時にすぐ発生するわけではなく、他社への乗り換え手続きが完了して、初めて手数料が発生します。MNP転出を利用しなければ手数料がかからずに済むので、現在使用の番号が変わってもまったく問題ない方は、よく考えてから利用するようにしてください。

お金をかけずに解約するには

お金をかけずに解約するには、解約するタイミングが重要になります。また乗り換え先のキャンペーンを利用するのも一つの方法です。工夫次第ではお金を負担することなく解約することが可能です。

初期契約解除を利用する

スマモバを契約してすぐに、やはり他の携帯会社と契約したいと思った方、契約して8日以内であれば初期契約解除制度が適用されます。いつから数えて8日以内かというと、「Smart Mobile Phone 御契約通知書 兼 割賦契約書」がご自宅に届いた日が起日になります。

初期契約解除を申請するには、この期間内にSIMカードを返却しなければなりません。返却完了後、初期契約が解約されます。但し、回線契約は解約できても機種購入時の割賦契約は解約できません。すべての契約が解約出来るわけではないので、注意してください。

最低利用期間を過ぎてから解約する

最低契約期間内に解約してしまうと、違約金としての解約手数料や、割賦契約した機種代金の残額を払わなければななりません。機種代金は一括で払わなければならなくなり、手数料と合わせると、かなり高額になる場合もあります。

最低契約期間を契約満了の後に解約すれば、このような出費は一切かからなくなります。最低契約期間を過ぎてさえいれば、契約更新月であるないに関わらず、解約手数料無しで解約することが可能です。少しでも負担なく解約したいのであれば、最低契約期間を過ぎてからの解約をおすすめします。

新たな契約先の乗り換えキャンペーンを利用する

最近ではどこの携帯会社でも乗り換えキャンペーンが充実しています。乗り換え時にかかった費用の一部をキャッシュバックしてくれたり、乗り換えする際に発生したすべての費用を負担してくれる、等といったキャンペーンも中にはあります。

こういったキャンペーンを利用し、負担金をゼロにすることもできなくはありません。但し、キャンペーンを利用するにあたって、対象かどうかの基準があったりするので、自分が対象になるのかどうか、しっかり調べてから検討するようにしましょう。

その他解約時の注意点

上記のほかにも、解約する際の注意点はいくつかあります。あとで後悔することの無いように、しっかり把握しておいてください。

プランによって変わる最低期間

契約したプランによって最低契約期間が違います。プランによって最低契約期間が24ヶ月のものもあれば、36ヶ月のものもあります。「最低契約期間が24ヶ月かと思っていたら36ヶ月だったので違約金が発生してしまった」等ということが無いように、解約を考えているのであれば、契約したプランの最低契約期間を今一度確認しましょう。

SIMカードの紛失には注意

スマモバでは解約時にSIMカードを申込用紙に張り付けて返却しなければなりません。ここでよくある話しとしては、SIMカードの紛失です。とにかくSIMカードはその小ささからか、紛失した、という話をよく耳にします。

解約時にSIMカードを紛失してしまうと、3,000円(税別)払わなければならなくなり、これこそ無駄な出費です。また、申込用紙が送付されたらすぐにSIMカードを返却しないと、場合によっては紛失と見なされてしまいます。気を付けましょう。

解約の申し込みは毎月25日まで

スマモバでは当月内で解約する際、25日までに申告しなければなりません。25日過ぎて申告しても解約月は来月になってしまい、1か月分余計に料金が発生してしまいます。日割りで計算してもらえるはずが、基本料金などが1か月分丸々発生してしまっては、支払う金額も相応に変わってしまうので、注意が必要です。

スマモバ解約手続きで困ったら

スマモバは格安スマホにしては珍しく、正規認定ショップがあります。ですがその店舗数は全国に16店舗と少なく、ユーザーの多くは解約時、マイページから解約手続きをする方がほとんどです。この場合、解約手続きで困った際、どこに相談してよいのかわからないのが難点です。そんなユーザーの不安を解消する方法があるので、ご紹介しておきましょう。

サポートセンターに電話する

利用中の困りごとや解約時の手続きに関する相談を受けるべく、スマモバではカスタマーサポートセンターが開設されています。年中無休、時間は10:00~18:00です。メールやチャットの使い方がイマイチわからない方や、オペレーターから直接説明してもらわないと理解できないと思っている方には電話で直接やり取りできるこちらをおすすめします。

メールで問い合わせる

スマモバでは公式HPの右下にスマモバチャットサポートが利用できるようになっています。こちらも年中無休、24時間オペレーターが対応しているので、利用時や解約などの手続きの際にわからないことがあればすぐに質問することが可能です。

電話サービスのように繋がるまで待たなくてはならないようなタイムロスがないので、普段からチャットを利用していて、チャットを違和感なく使いこなせる方や、素早いレスポンスを希望している方にはこちらがおすすめです。

まとめ

スマモバを解約する際に負担金を少しでも抑えたいのであれば、まずそのタイミングについて考えることが大切です。負担金を節制するには、やはり最低契約期間を越してから解約するするのが一番の方法です。

最近では魅力的なプランが溢れているので惑わされるのも無理ないですが、今、このタイミングで解約して本当に後悔しないのか、一度立ち止まって熟考することが大切です。それでも乗り換えたいのであれば、お得な乗り換えキャンペーンも最近では増えているので、そのあたりもしっかり調べておけば選択肢も広がるでしょう。