必要のないドコモのオプションを解約するには?オプションの確認方法もご紹介!

SIM・スマホ

2020年当サイト人気の格安SIMランキング
【1位】BIGLOBEモバイル
- エンタメフリーでYouTube見放題!
【2位】LINE MOBILE
- 月額600円からのシンプルな料金プラン!
【3位】楽天モバイル
- 楽天ポイントが貯まる! 使える!

今ならBIGLOBEモバイルがこんなにおトク!人気のエンタメ・フリーオプションが6ヵ月間無料!(初回申し込みのみ)

ドコモにはさまざまなオプションがあります。その中には自分が必要ないのに契約しているものもあるかもしれません。オプションには月々料金が発生しているものもあるので、不要なものは解約したほうが大切です。

しかし、中には自分がどんなオプションを契約しているかもしれません。まずは自分がどのようなオプションを契約し、その中に使っていないものが無いかどうかを確認してみましょう。

自分がどんなオプションを契約しているか確認しよう

自分がどんなオプションを利用しているのかきちんと把握していればよいのですが、中にはドコモの契約や機種変更したときに必要のないオプションを契約してしまい、そのままになっているなど、使っていないオプションが契約したまま月額料金だけ支払っているかもしれません。

My docomoで確認する

My docomoはdメニューからアクセスができます。パソコンやWi-Fiを接続した状態でもアクセスできますが、dアカウントのIDやパスワードが必要になるので、Wi-Fiを切った状態でアクセスするとよいでしょう。

  1. 「My docomo(お客様サポート)」をタップ
  2. 「契約内容確認などオンライン手続き」をタップ
  3. 「ドコモオンライン手続き」をタップ
  4. 「ネットワーク暗証番号」を入力する
  5. 「ご契約内容確認・変更」をタップ
  6. 2ページ目に移動する

この時にオプション内容の右のボタンが「解約」と表示されているものが、現状契約しているオプションになります。また、ページを戻る時はページ内の「戻る」ボタンを押してください。スマホやパソコン状の戻る機能を使うとエラーになってしまいます。

ネットワーク暗証番号を忘れた場合

ネットワーク暗証番号はドコモを契約したときに自分で設定した4桁の数字です。オンラインでドコモの契約や契約内容を変更するときに必要になります。

しかし、何度も間違った番号を入力するとセキュリティが働いてロックされてしまいます。ロックを解除する場合は、正確なネットワーク暗証番号を入力しなければいけません。

もしもネットワーク暗証番号を忘れてしまった場合は、ドコモショップかドコモインフォメーションセンターに電話する必要があります。ドコモショップは手続きするまでに時間がかかるので、事前にホームページ上から予約をするとよいでしょう。

  • ドコモインフォメーションセンター
  • ドコモの携帯電話 151
  • 一般電話 0120-800-000

dアカウントが無い場合

dアカウントはドコモの契約をしている方は契約時に作成している場合があるので、まず確認の為にWi-Fiを切った後に以下の方法をとることをおすすめします。

  1. dアカウントのトップページにアクセスする
  2. アカウント管理画面をタップする
  3. dアカウントメニューのID/パスワード管理のパスワードの確認をタップする
  4. ネットワーク暗証番号を入力する

登録しているIDとパスワードが表示されます。もし登録をしていないのであれば、dアカウント設定アプリで新しくdアカウントを作成してください。

ドコモショップやドコモインフォメーションセンターに電話して確認する

身分証明書などを持参のうえでドコモショップで確認することもできます。ドコモショップは混み合うことが多いので、事前に予約をするとよいでしょう。

また、ドコモインフォメーションセンターに電話することで確認することもできます。しかし、この場合通話出来るまで時間がかかることもあるので、できるだけ時間に余裕があるときにかけることをおすすめします。

申込書で確認する

ドコモの新規契約や機種変更のときに必ず申込書の控えを渡されています。そこにどのようなオプションが契約されているのかも記載されているので、お手持ちの方はそちらで確認するとよいでしょう。

ドコモのオプションが必要かどうかを見極めよう

ドコモでオプションを契約していると、このオプションは解約して大丈夫なものかどうか悩んでしまう人もいるかもしれません。では、オプションを解約するかどうかをどのように見極めればよいのでしょうか?

どのくらい利用しているか

オプションの中には留守電やキャッチホンなど「念のためあったほうがよいもの」やdTVやdマガジンなど「毎日使えるもの」があります。

毎日使えるものは自分がほとんど使用していないのであれば解約しても大丈夫でしょう。念のためあったほうが良いものは、1ヶ月の利用頻度を考えて、あまり使用していないのであれば解約してもいいかもしれません。

オプションの内容を把握しているか

自分が契約しているオプションの内容がわからなければ、そのまま継続するか解約するかを決めることはできません。

ドコモのホームページの「50音順一覧」であれば、自分の探したいオプションを簡単に探すことができるのでおすすめです。まずはオプションの中身を把握し、必要ないものであれば解約してしまいましょう。

加入していることが多いドコモのオプション一覧

ドコモのオプションは100種類以上あります。その全てがどんな内容の物なのかをご存じの方はほとんどいないでしょう。

その中でもドコモの新規契約や機種変更時に契約することが多いオプションというのは同じものが多いのです。では、どのようなオプションが多いのでしょうか?

あんしんパックモバイル

あんしんモバイルパックは

  • ケータイ補償サービス
  • あんしん遠隔サポート
  • あんしんセキュリティ

の3つがセットになった物です。

ケータイ補償サービスは、携帯が壊れた時のトラブル補償をしてくれる携帯の保険のようなものなので必要な方は多いかも知れません。

しかし、あんしんセキュリティはウイルス対策などのサービスなので、他のファイヤーウォールを使用している方は解約してしまって問題ありません。あんしん遠隔サポートはオペレーターにスマートフォンの使い方を聞けるものです。必要のない方も多いかと思うので、使用しない方は解約しましょう。

エンタメ系

dTVやdアニメストア、dマガジンなど動画コンテンツの事を指します。これらは使用していないのであれば解約してしまいましょう。解約しても使用したいと思った時に再度契約できるので、解約に悩む必要はありません。

いちおしパック

いちおしパックは

  • スゴ得コンテンツ
  • my daiz(マイデイズ)
  • クラウド容量オプション50GB

スゴ得コンテンツは天気やニュースなど生活するうえでよく利用する定番アプリや、ゲームなどの楽しいアプリ、割引クーポンなどが使い放題のものです。

my daizは音声ナビゲーションとユーザーにあった内容を表示する機能があります。クラウド容量オプション50GBは写真や動画などをクラウドサービスで保存するサービスです。

もしもクラウド容量オプション50GBを解約する場合、クラウドにあるデータが全て消える可能性があるので注意してください。

キャッチホン

通話中にかかってきた別の電話に出ることができるサービスです。しかし、これはメッセージアプリを使っていると役立たないこともあるので、使用していない方は解約してしまってよいでしょう。

ドコモのオプションを解約する前に確認すること

ドコモのオプションは簡単に解約することができるものが多いですが、安易に解約する前に以下のことに確認するようにしましょう。

無料期間内ではないか

オプションの中には無料期間が設けられているものがあります。特にエンタメ系などは一か月ほどの無料期間があることが多いです。解約するとしても、無料期間の間だけ利用してみるのもいいかもしれません。しかし、無料期間が過ぎてしまうと自動的に料金が発生するので、不安な方はすぐに解約してもよいでしょう。

解約後に支払う料金

オプションの中には月額料金となっていて、日割り計算できないものもあります。解約しても翌月の支払い料金に換算されるので、事前にどのくらいの料金を支払うことになるのか把握してから解約するようにしましょう。

再加入ができるものかどうか

ドコモのオプションの中には再加入の出来ないものもあります。例として挙げると、「ケータイ補償サービス」は再加入できません。携帯の保険をかけたい場合は民間で同様の保険商品を販売しているので、そちらに加入するしかなくなります。解約前にオプションの再加入の是非は必ず調べておくようにしましょう。

パック割引が適用されているかどうか

「いちおしパック」や「あんしんパックモバイル」などいくつかのオプションがまとまっているものは、その中の1つでも解約すると、通常料金になってしまいます。多くの場合は3つまとまってパックとなっているので、1つだけ解約するのであれば、そのままにしておいた方がお得になります。

ドコモのオプションの解約方法

ドコモのオプションの解約方法はいくつかあります。自分のやりやすい方法で解約するようにしましょう。

ドコモショップやドコモインフォメーションセンターに電話して解約する

ドコモショップで解約する場合、できるだけ混み合わない時間に向かうか、事前に予約をしたうえで行くようにしましょう。

何も手段を取らずにドコモショップに向かう場合、数時間待たされることもあります。ドコモインフォメーションセンターも電話が繋がるまでかなりの時間待たされることが多いのです。できるだけ時間に余裕のあるときに電話するようにしましょう。

My docomoで解約する

Mydocomoで解約する場合は、

  1. 「My docomo(お客様サポート)」をタップ
  2. 「契約内容確認などオンライン手続き」をタップ
  3. 「ドコモオンライン手続き」をタップ
  4. 「ネットワーク暗証番号」を入力する
  5. 「ご契約内容確認・変更」をタップ

2ページ目に移動すると契約しているオプションが表示されるので、その中から解約したいオプションの右側にある「解約」をタップしてください。

その後の手続きは以下の通りです。

  1. 手続き内容と注意事項にチェックを入れる
  2. 下にスクロールして受付確認メールの送信先を選び「次へ」をタップする
  3. 「ドコモオンライン手続き利用規約」が表示されるので、「同意する」にチェックを入れて「手続きを完了する」をタップする。

上記を行うと、お手続き完了の画面が表示されます。

解約できたか確認する

自分でMydocomoから解約手続きを行う場合、解約したつもりでも手続きができていない可能性もあります。特に、受付確認のメールは面倒だからと「送信しない」にしている方もいるかもしれませんが、できればメールで確認とるようにしたほうがよいでしょう。

MNPの時もオプションの解約が必要?

現在ドコモで携帯を契約していても、今後他の通信会社に乗り換えることになるかもしれません。
その場合、MNPを使用する人もいるかもしれません。

しかし、携帯は解約できてもオプションだけ残ってしまい、料金を払わなくてはいけなくなることがあります。

他社のものは残ってしまう

ドコモが提供しているオプションに関しては、携帯の解約時に自動的に解約されるので問題はありません。しかし、他社の有料コンテンツに関しては自分で解約をしない限りは引き続き料金が発生してしまいます。MNPをする前に、自分の加入しているオプションや有料コンテンツを確認しておきましょう。

まとめ

ドコモのオプションはたくさんの種類があるので、さまざまなコンテンツを楽しむことができます。
しかし、契約しすぎるとかなりの料金がかかってしまいます。自分が使わない、と判断したオプションはできるだけ早急に解約するようにしましょう。