HISでんきを解約したいけど違約金はかかるの?解約前にやるべき簡単な事前チェック!

水道・光熱費

違約金・手数料が発生するかをチェック

電気の発生条件・料金

最近の新電力では違約金の発生しないものが多くありますが、HISでんきの解約に関しましては違約金が発生します。

まず電気の違約金発生条件は、電力の供給開始日(使用し始めた日)から1年未満、お客様都合による解約を希望される場合に発生。

実際に掛かってくる違約金は、2200円(税込み)となります。(こちらは2020年11月現在の料金です)

こうやって見ると違約金も結構大きな額で、特に一人暮らしの会社員の方などですと、もしかしたら一月分の電気代金に相当してしまうという人もいるかもしれません。

電気には1年間の契約期間というものもあるのですが、1年以上ご利用頂いた後に解約をされる場合に関しましては、更新月に関係なく違約金は発生しないものとなってきます。

ガスの発生条件・料金

ガスに関してですが、電気と違い、まず契約金・違約金といったものはありません。ただ解約する際に全く料金が掛からない、という訳ではないことに注意が必要です。

供給開始(使用し始めた日)から1年以内に解約されてしまう場合、ガスの閉栓(ガスを止める作業)を行う際に、その閉栓費用というものが発生。

費用は2,640円(税込み)となります。こちらもなかなかの額で電気代よりガス代の方が少ない方が多い関係上、1ヶ月分の料金に相当してしまう人は電気以上に多くなります。

もし1年未満で解約されるのでしたらこちらの閉栓費用も踏まえ、会社変更後にどれくらいの利用でお得になるかお考え頂くのが良いでしょう。

ニチデンの発生条件・料金

ニチデンは違約金・解約金はない、ということになっておりますが、一部条件が異なっているところがあります。

その条件とは、2019年7月1日以降に電気の供給開始(使用し始めた日)した方が対象とされ、6ヶ月以内に解約された方には、2,200円(税込み)の解約事務手数料が掛かってきてしまうとうものです。

名目は違えど、結局は何かしらの料金は掛かってしまいます。ですので、もし解約をお考えでしたらまずはご利用開始されたお日にちから調べられますと、解約手続きまでの作業に着手しやすくなります。

引っ越しするので解約をしたい

引っ越しでの対応方

お引越し時に継続を希望されない場合は、必ずご連絡を入れてい頂く必要がari

ます。
確認されますのは主に、電気の最終使用日、お引越し先、ご連絡先です。

お引越し先に関しましては、お支払い方法が払い込み用紙だった場合や、契約に関しての書類物をお送りするのに利用されますので、事前にご確認頂くとスムーズにお話が進められます。

また、もしもお引越し先が未確定の場合、別に必ず書類物が届く住所をお伝え頂く必要がありますので、その際にはご注意が必要です。もしお引越し先が確定していないということでしたら、ご実家に郵送頂くのがベターです。

連絡先に関しましても同様に、お引越し後契約に内容について連絡が入ることがありますので正確にお伝えしましょう。

引っ越し先で利用する電気・ガスの準備

継続されない場合には、次にお引越し先でご利用頂きます電気・ガス会社への事前連絡が必要となってまいります。

電気に関しては地域の電力会社(東京電力等)をご利用の際には、ご連絡が遅くなっても対応してくださるところが多いですが、もしもまた新電力をご希望の場合には事前連絡をされないと対応頂けない場合があります。再度新電力をご希望の場合には、遅くとも2週間前を目安にして対応頂くと安全です。

また、ご新居が新築物件の場合には新電力を最初からご利用頂けない場合があります。これは地域の電力会社(東京電力等)をご利用頂くと発行される、供給地点特定番号というものが新電力ご利用の際に必要になるからです。

ただし、一部新電力によっては新築物件でも最初からご利用頂くことが可能なものもありますので、お引越し先が新築か、ご希望の電力会社が対応可能かどうか事前にお調べ頂くことをおススメ致します。

ガスに関しましては、利用開始日に必ず開栓のお立合いというのが必要です。
その関係上、お引越し日に連絡となってしまいますと当日でのガスご利用が難しいくなってしまいます。

こちらも遅くとも2週間前までには開栓のお手続き頂くのが安全でしょう。また、開栓のお立合いには少々お時間がかかりますので、開栓当日はある程度時間に余裕を持って対応頂くのがベストです。

他社への切り替えで解約される

事前に準備するもの

切り替え先の際に必用になってくるのは電気・ガス共に、お客様番号、供給地点特定番号、現在利用している電気・ガス会社に登録している正確な名義です。また電気に関しては更に契約中のプラン名、アンペア数が必要になることもあります。

切り替え先が決まりましたら、各種お問い合わせ窓口にご連絡すれば教えて頂ける内容でありますのでご連絡して頂きたいのですが、個人情報ということもあり電気、またはガスの現契約者でなければ教えてもらえない事もあります。

連絡は切り替え先だけでよい

切り換え先が決まりましたら、今度は直接切り替え先の電気・ガス会社に連絡を入れます。この際、連絡を入れるのは切り替え先の会社のみで大丈夫です。

その後は自動的に処理が行われ、電気。ガスの検針日(料金・使用料が確定する日)に切り替えが行われるという流れになります。

検針日に関しましては、切り替え連絡を入れた際に質問されればその場でわかる場合もありますが、当日では決まっておらず未確定という場合もあります。

検針日がどうしても気になるといった方は、いつ頃なら分かるのかということを合せて質問されますと疑問点が残らないでしょう。

一部、上記内容と条件が異なる場合がありますが、切り替えの連絡をされた際にはご説明がありますので、そのご説明通りに対応を頂ければ大丈夫です。

解約の連絡はいつするのか・最終分の支払いはどうなるのか

解約の受付期間

電気・ガスに関しては1ヶ月~7日前の事前連絡が必要となります。

HTBエナジーの電気・ガスは電話での受付以外にも、フォーム上での受付も行われております。電話で直接ご連絡頂くのが一番早い方法ではありますが、営業時間内での対応が難しい、電話でのやり取りに抵抗がある方は、フォームにてご連絡することをおススメします。

もし万が一、引っ越し後等に解約のご連絡となりますと遡り(直接電気・ガスを使用した最終日)での対応はHISでは受け付けていない為、ご連絡されたお日にちが最終の利用日となってしまいます。

その日数分も料金に加算されてしまいますので、もし解約日が決まり、1ヶ月以内でしたらお早めにご連絡されるが一番です。

最終分の支払いについて

最終分の支払いは、最終のご利用日までの料金を日割り計算されてのものになります。

事前に登録頂いている支払い方法でのご精算となり、口座振替、もしくはクレジットカードでのご登録されている場合には、そちらからの引き落としとなりますので、引き落としがかかるまでは解約されないよう注意が必要です。

また払い込み用紙でこれまでお支払いされていた方に関してましても同様に、払い込み用紙が届く流れです。

引っ越しでご解約される場合には、払い込み用紙も引っ越し先に届くよう手配されますので、解約の連絡の際に正確にお伝え頂く必要があります。

各種解約の受付窓口

電気・ガスの連絡先

HTBエナジーワンダーサポート(HIS電気・ガスの解約窓口)

  • 受付時間:10:00~18:00 (土日祝/年末年始除く)
  • 電話番号:050-3852-1193
  • ニチデンお客様窓口:受付時間 10:00~18:00 (土日祝/年末年始除く)

お申込みフォーム

電話ではのやり取りを希望されない方はHTBエナジー 電気・ガス解約フォーム(HIS電気・ガスの解約窓口。ニチデンご利用の方は、お使いになれません)をご利用ください。

まとめ

連絡先や解約の準備、新しい会社など色々考えなければいけないところは多くありますが、やはり一番気になるであろうこと違約金に関してでしょう。電気・ガス共に1年以上ご利用頂かないと違約金が掛かってしまう。(ニチデンは条件付きの半年以内)その料金も決して安いものではありません。

既に違約金の発生する期間以上にご利用されている方は気になされなくて大丈夫ですが、もし違約金発生期間の方に関しましては、切り替えやお引越しなどの際には一度料金や、また違約金が掛かってしまうかなどお調べ頂き、無駄なくよりお得にご利用出来るようにしましょう。