auでんきは簡単3ステップで解約が可能!費用や請求タイミングもあわせて解説

水道・光熱費

解約に必要な情報は4つ!My auから確認してみよう

My auから必要な情報を確認しよう

auでんきを解約するにはいくつか必要な情報があり、スムーズにauでんきを解約するためにも事前に把握しておくことが重要です。

auでんきの解約に必要な情報に関しては、情報に誤りがあるとauでんきの解約の手続きを進められなくなる可能性があるので注意が必要です。

またauでんきはMY auという専用のサイトから情報の確認が可能であり、後述しているauでんきの解約に必要な情報を確認するようにしましょう。

ただし今回紹介している解約に必要な情報については、あくまで主に必要な情報となっており、場合によっては他の情報も必要になる可能性もあるので覚えておきましょう。

後述している解約の際に必要な情報を参考にして、スムーズに解約の手続きを進めることをおすすめします。

必要な情報①契約者氏名

auでんきの解約に必要な情報として契約者の氏名が挙げられており、申し込みをする前に必ず控えておくようにしましょう。

auでんきの解約の際には契約者の氏名が必要であり、本人であれば問題ありませんが他の人が解約する場合には、auでんき契約者の氏名を確認しておくことをおすすめします。

加えて契約者が亡くなった場合のauでんきの解約は契約者名を間違えやすく、契約者の氏名を手続きの際には利用するようにしましょう。

契約者の氏名が分からないという方は、MY auから簡単に契約者の氏名を確認できるので、事前に把握しておくことが重要です。

また契約者の氏名が画数が多い漢字などがある場合は、手続きの際に誤りのないように手続きを進めるようにしましょう。

必要な情報②でんきお客様番号

auでんきの解約に必要な情報としてでんきお客様番号が挙げられており、事前に調べておくことをおすすめします。

auでんきを引っ越しなどで解約する場合にはでんきお客様番号が必要であり、番号を間違えると解約手続きがスムーズに進まなくなるので注意が必要です。

でんきお客さま番号は契約した際に渡されたご利用開始のご案内の書類、auでんきの毎月の請求書に記載されている9から始める10桁の番号となっています。

でんきお客さま番号は10桁と数字数が多いため、auでんきの解約の際に間違えやすい項目となっておるので、入念に番号確認しておきましょう。

またどうしてもお客様番号が分からない場合は、auのカスタマーセンターに問い合わせることで確認できるので検討してみることをおすすめします。

必要な情報③連絡先電話番号

auでんきの解約に必要な情報として連絡先の電話番号が挙げられており、申し込み前に必ず準備しておくようにしましょう。

auでんきの解約の手続きには連絡先の電話番号が必要であり、なるべく普段から利用している電話番号を選ぶことをおすすめします。

普段から利用している電話番号を選ぶことで、auとスムーズに解約手続きを進められるので覚えておきましょう。

また前述しているでんきお客様番号と間違えやすいので、お客様番号とは別の番号という事を覚えておくことが重要です。

加えて連絡先の電話番号は固定電話の番号でも可能ですが、いつでも連絡が取れる面から携帯番号を選ぶことをおすすめします。

必要な情報④現住所

auでんきの解約に必要な情報としてとして現住所が挙げられており、情報に誤りがないか事前に確認しておくことが重要です。

auでんきの解約には現住所の情報が必要であり、auでんきを契約した際に利用した住所を入力するようにしましょう。

引っ越しの場合だと間違えて引っ越し先の住所を手続きの際に伝えがちなので、引っ越しする前の住所を確認しておくことをおすすめします。

契約者が亡くなった場合は契約者の現住所が必須情報なので、誤りのないように手続きを進めるようにしましょう。

また契約者の現住所の情報に関しては、前述した通りMY auから情報の確認ができるので、そちらから確認することをおすすめします。

auでんきの解約方法は簡単2ステップで可能

ステップ①お客様センターへ連絡

auでんきを解約する最初のステップとしてお客様センターへの連絡が挙げられており、auでんきのお客様センターへの連絡先は以下の通りです。

電話でのお問い合わせ 0120-925-881(無料)
受付時間 年中無休(9:00~20:00)

auでんきのお客様センターは基本的には年中無休で受付をしていますが、受付時間が設けられているので時間内での連絡をするようにしましょう。

お客様センターへの連絡をする際には、前述した解約に必要な情報を準備してから連絡をすることが重要です。

またauでんきの解約はWEBでのご連絡も可能ですが、引っ越しする11日前のご連絡などの条件があるので注意が必要になります。

加えてスムーズに解約を進められるのはお客様センターへの連絡なので、なるべくお客様センターを選ぶようにしましょう。

ステップ②指示に従い解約手続きを行う

auでんきを解約する次のステップとして、お客様センターのスタッフの指示に従い解約の手続きを行うことが挙げられています。

解約手続きに際には前述した解約に必要な情報が求められるので、誤りがないように伝えるようにしましょう。

確認用としてauでんきの解約の際に必要な情報をまとめているので、すべての情報が揃っているか確認しておくことが重要です。

  1. 契約者の氏名
  2. でんきお客様番号
  3. 連絡先の電話番号
  4. 現住所

また契約情報によっては上記で紹介した情報以外も求められる可能性もあるので、柔軟に対応するようにしましょう。

加えて解約には費用などが掛かる場合もあり、解約の際に不明な点があれば必ず相談しておくことをおすすめします。

解約の際には違約金に注意!契約期間によって異なります

1年未満の解約なら違約金が発生

auでんきを解約する際には違約金が発生する可能性があり、事前に違約金の発生条件を確認しておくことをおすすめします。

auでんきは一年以内の解約の場合に違約金が発生し、2.000円の違約金が掛かってしまうので注意が必要です。ただし引っ越し先でもauでんきを利用する場合には、2.000円の違約金は発生しないので覚えておきましょう。

auでんきの契約期間に関しては、前述しているお客様センターへのお問い合わせで確認することが可能です。またauでんきを利用できないエリアでの引っ越しの場合でも、auでんき解約の違約金は発生しないので覚えておきましょう。

解約手数料は掛かりません

auでんきは解約手数料は0円となっており、前述した違約金が発生した場合でも掛からないので覚えておきましょう。

よく違約金と解約手数料を混合する方がいるので、違約金は発生する可能性があるが、基本的に解約手数料は掛からないことを把握しておくことが重要になります。

auでんきは解約手数料なしで解約手続きを進められるので、安心して解約できると口コミでも高評価を集めています。

また解約手続きを進めた後も書類などを確認して、間違いで費用が掛かっていないかも確認することも大切です。

とはいえauでんきの解約に掛かる費用は高額ではないので、特に気にする必要は特には無いと言えます。

解約後も油断大敵!請求タイミングを把握しておこう

最終利用月の翌々月に請求

auでんきの解約後にもいくつか注意点があり、特に解約後の請求の日程を確認することが重要となっています。

auでんきは解約後の最終利用月の翌々月に請求が来るようになっているので、忘れずに支払いを行うようにしましょう。

また解約後の請求は翌々月と期間が長いので、支払いのタイミングが遅れるといくつかデメリットがあるので注意が必要です。

請求タイミングを確認せずに支払いが遅れると、遅延料が掛かる可能性があることも覚えておきましょう。

具体的な請求タイミングに関しては、解約後の手続きの段階で確認ができるので必ず確認することが重要です。

新規の電力会社の支払いと重なる可能性あり

前述した通りauでんきの請求タイミングは翌々月と期間が長いので、新規の電力会社の支払いと重なる可能性があるので注意が必要です。

特に乗り換えをする場合には、解約後のauでんきの請求と支払いが被る可能性が高いので、乗り換えをする場合には余裕を持った予算が必要と言えます。

なのでauでんきの解約をする際には、auでんきの請求タイミングだけではなく、新規の電力会社の請求タイミングも確認しておくようにしましょう。

またauでんきの請求タイミングの日程に近づくとメールで通知されるので、定期的に確認することも重要です。

加えて請求タイミングは分からなくなった場合には、お客様センターへの問い合わせでいつでも確認できるのでぜひ活用してみましょう。

auでんきをスムーズに解約しよう!パターン別に解約方法を解説

引っ越しの場合

引っ越しの場合のauでんきの解約方法は下記の通りとなっており、スムーズに進めるために事前に確認しておきましょう。

  1. お客様センターへ連絡
  2. 解約手続きを行う
  3. 新規の電力会社に申し込む
  4. 翌々月の請求を済ませる

まずはauでんきのお客様センターへ連絡を行い、スタッフの案内に従いauでんきの解約手続きを進めます。

解約手続きが完了したら、引っ越し先で利用する新規の電力会社に申し込みを行い、契約手続きを済ませておくようにしましょう。

後はauでんきの最終請求が翌々月に来るので、期間が空きますが忘れずに支払いを済ませることが重要です。

新規の電力会社の請求と被る可能性があるので、新規の電力会社の請求タイミングも必ず確認するよにしましょう。

契約者が死亡した場合

契約者が死亡した場合のauでんきの解約方法は下記の通りとなっており、事前に流れを確認しておく必要があります。

  1. お客様センターへ連絡
  2. 契約者が死亡したことを伝える
  3. 解約手続きを行う
  4. 翌々月の請求を済ませる

契約者が死亡した場合には契約者の親権者が基本的に解約する必要があり、まずはお客様センターへ連絡するようにしましょう。

また連絡する際には契約者が死亡したことを伝える必要があり、後は案内に従い解約の手続きをする流れとなっています。

加えて翌々月に最終利用月の請求が掛かるので、忘れずに支払いを契約者の変わりに行うようにしましょう。

基本的には引っ越しの場合での解約方法と同じ流れなので、上記の表を参考に解約手続きを進めることが重要です。

解約するなら早めに行動しよう!

早めに解約することで費用を抑えられる

auでんきは解約をした場合には翌々月に請求が来るようになっていますが、早期での解約をすることで費用を抑えられるメリットがあります。

auでんきは請求タイミングが最終利用月なので、月の始めに解約をしてしまうと費用が無駄になるので注意が必要です。

なので解約する際には月末ぐらいのタイミングがおすすめであり、なるべく費用を抑えつつ解約を進めるようにしましょう。

ただし引っ越しでのauでんきを解約する際には、引っ越しする約一週間ほどの余裕を持った期間を用意しておくことをおすすめします。

またauでんきの解約をお客様センターではなくWEBから連絡する際には、11日前に連絡が必要なので覚えておきましょう。

auでんきを解約してから新規の契約をしよう

auでんきを解約してから新規の電力会社の契約をすることが重要であり、事前に確認しておきましょう。

auでんきを解約をする前に新規の電力会社を契約してしまうと、支払いなどが被るなどの可能性があるので注意が必要です。

また電力会社によっては乗り換えの費用を負担してくれるキャンペーンを実施している場合があるので、そちらも有効的に活用していきましょう。

加えてauでんきを解約してから新規の電力会社に契約する方が、手続きもスムーズに進められるメリットがあるのでおすすめです。

なので今回解説したauでんきの解約方法を参考にして解約をした後に、新規の電力会社の解約を進めるようにしましょう。

まとめ

今回の記事ではauでんきの解約方法について解説していきましたが、主なポイントは以下の通りです。

  • 契約者氏名・でんきお客様番号・電話番号・現住所の4つの住所が必要
  • まずはお客様センターへ連絡しよう
  • 一年以内の解約は違約金が掛かる場合がある
  • 契約者が死亡した場合は親権者や親族が解約手続きをする
  • 最終請求タイミングは利用月の翌々月

auでんきはお客様センターから気軽に解約手続きを進められるので、今回紹介した必要な情報を確認しつつ連絡することが重要です。

引っ越しが目的でauでんきの解約をする場合には、余裕を持った期間を用意してから解約手続きをするようにしましょう。

auでんきは一年以内の解約の場合は違約金が掛かりますが、解約手数料は掛からないことも把握することが大切です。

また引っ越し先で新規の電力会社を契約する際には、auでんきの最終請求と被る可能性があるので覚えておきましょう。

今回紹介したauでんきの解約手続きの流れを参考にして、スムーズにauでんきの解約ができれば幸いです。