ENEOSでんきを解約したい!解約する前に知っておきたいことまとめ

水道・光熱費

「ENEOSでんきを解約したいけど、どうすればいいの?」、「解約にはお金かかるのかな?」とお悩みではありませんか?解約は手続きが複雑なことが多く、迷ってしまいますよね。

そこで、今回は解約方法や違約金について紹介していきます。可能な限り、スムーズに手続きを進めて時間やお金の無駄がないようにしましょう。

ENEOSでんきの解約に違約金は必要?

通常プランの場合

通常プランで契約している場合は、解約時に追加料金の心配は不要です。通常プランであれば解約時に違約金も手数料も発生しないからです。

本来、契約期間内であれば違約金が発生し、違約金が発生しなくても手数料はかかってしまうケースが多くあります。

しかし、ENEOSでんきの通常プランでは、1年という契約期間が設けられているにも関わらず、期間内でも違約金・手数料ともに発生しません。

契約期間に囚われる必要がなくなるので、解約したいと思った時にいつでも気兼ねなく解約できます。通常プランで契約している場合は、追加料金に関しては一切心配がいりません。

にねんとくとく割の場合

にねんとくとく割の場合は解約時に違約金がかかる可能性があります。にねんとくとく割は2年以上の利用を前提とした割引プランだからです。

にねんとくとく割では、1kWhあたり0.20円(税込)割引の恩恵を受ける代わりに、2年という縛りが設けられています。そのため、途中解約すると違約金として1,100円(税込)がかかってしまいます。

どうすれば違約金を払わずに済むのでしょうか?それは、契約開始後の23ヵ月目および24ヵ月目、つまり更新月にあわせて解約することです。そうすることで違約金の支払いが不要になるので、少しでも費用を抑えることができます。

ENEOSでんきの解約方法

インターネットでの手続き

まず、契約者の住所に変更なく電力会社のみ切り替えたい場合は、切り替え先の電力会社が手続きを行ってくれるので、こちらで行う手続きはありません。

もし引越しや解体に伴う解約の場合には、インターネットでの手続きがオススメです。ネット環境さえあれば、解約したいと思った時にその場で行うことができるからです。

電話だと日中など対応可能な時間が限られているので、ついつい先延ばしにしたり忘れてしまうことがあります。その点、インターネットは好きな時間に手軽にできるので先延ばしや忘れる心配がありません。

手続き方法は簡単です。お客さまページにログインし、画面の指示に従って入力するだけ。

お客さまページへは、ENEOSでんきのホームページの右上「お客さまページログイン」からログイン画面へと移ることができます。

電話での手続き

インターネット環境がない方やインターネットでの操作に不安を感じる方は電話での手続きがオススメです。また、お客さまページでログインできなかった方も、インターネットでの手続きが困難なため電話を選択しましょう。

電話で手続きをする際の連絡先は以下となります。

  • ENEOSでんき・都市ガス カスタマーセンター
  • 電話番号:0120-15-8704
  • 受付時間:午前9時〜午後5時(第3日曜日と年末年始を除く)

ENEOSでんきのカスタマセンターでは、第3日曜日と年末年始以外は受付しているのが魅力的です。
平日に時間が取れない会社勤めの方でも、休日に電話連絡が可能となります。ただし、休日やお昼時などみんながかけやすい時間帯は、回線が混む可能性があるので注意しましょう。

ENEOSでんきを解約する前に知っておきたいこと

引っ越し先でも利用したい場合は解約不要

「引っ越しするから解約しなきゃいけない」と考えていませんか?実は、引っ越し先でもENEOSでんきを利用する場合には、解約の手続きは不要です。

引っ越し時には、解約の手続きは不要ですが「引っ越し手続き」は必要です。手続きは、解約時と同様に、インターネットまたはカスタマセンターへ連絡することで行うことができます。

あらかじめ現住所での最終使用日、引っ越し先での開始日を確認しておくとスムーズに手続きが進むでしょう。

自動解約された場合、料金未納の可能性がある

「解約していないのに、なぜか解約されてしまった」場合、まず料金未納の可能性を考えましょう。
基本的には自動解約はあり得ないからです。

料金の支払いを口座振替としている場合はその口座の残高、クレジットカードの場合は引き落とし口座の残高を確認しましょう。残高が不足していたことで料金未納となった可能性があります。

とはいえ、残高が不足していたからといっていきなり解約されることはありません。事前に以下の通知があります。

  • 未払い料金の請求が振込票で届く
  • 支払いが確認できないと、振込票兼解約予告通知が届く(解約予定日の15日前まで)

よって、残高の確認と同時に、上記の振込票が届いていたかも確認しましょう。もし残高も十分にあり、振込票も届いていない場合には、別の原因が考えられますので、その旨カスタマセンターへ連絡することをオススメします。

お客さまページのログインID・パスワードを忘れてしまった

ご使用開始のお知らせを確認

パスワードを忘れてしまった場合は、さほど問題ではありませんのでご安心ください。ログインIDさえわかっていれば、パスワードの再設定ができるからです。

ただし、お客さまページで誤ったパスワードを5回入力してしまうと、ロックがかかってしまう点には注意してください。「パスワードがわからない」となったら、まずは落ち着いてパスワードの再設定をしましょう。

問題となるのは、ログインIDを忘れた場合です。パスワードの変更は可能ですが、ログインIDは個人では変更できないものだからです。

ログインIDを知る方法は、契約開始時に郵送された「ご使用開始のお知らせ」を確認する他ありません。

メールアドレスを確認

ログインIDが見つからない場合、実はメールアドレスをID欄に入力してログインすることも可能です。

ただし、メールアドレスでログインできるのは、以前にお客さまページにログインしてメールアドレスを設定している場合のみです。メールアドレスを設定していなければログインはできません。

また、パスワードを忘れてしまっている場合にもやはりログインIDが必要となるため、ログインは難しいでしょう。

ログインしてメールアドレスを設定している場合でも、複数のメールアドレスを常に使用している方は迷う可能性があります。

しかし、お客さまページでログインを5回失敗してしまうとロックがかかってしまいます。ロックがかかってしまうと、自分ではロックの解除ができない為、必然的にカスタマーセンターへの連絡が必要です。

お問い合わせ

  • ご使用開始のお知らせを紛失
  • メールアドレスが未設定

上記の場合には、カスタマセンターへお問い合わせを行いましょう。

解約を決定している場合には、そのまま解約を申し出て解約手続きをしていきます。解約をしない場合にはご使用開始のお知らせを紛失してしまった旨を伝えてログインIDを再発行してもらう必要があります。

ログインIDはお客さまページにログインし、契約プランの確認・変更、各種手続きなど使用する場面が非常に多いので必ずログインIDを発行してもらうことをオススメします。

解約後の最後の請求はどうなる?

口座振替

解約した場合の最終請求金額は、前回の検針日から最終使用日までを日割りで計算した金額です。支払い方法によって振替日は異なるため、まず支払い方法を確認しましょう。

ENEOSでんきの支払い方法は以下2つです。

  • 口座振替
  • クレジットカード

口座振替の場合、振替日は毎月5日、6日、23日、27日のいずれかとなります。これらは、検針日によって自動的に選択されるので自分で選択することができません。最終の請求金額の支払いが終了するまで、振替口座は解約しないようにしましょう。

口座振替の目安

検針日 振替日
前月10日〜前月21日 5日または6日
前月22日〜前月30日 23日
当月1日〜当月9日 27日

上記が目安となりますが、振替日が土日祝日の場合、翌営業日が振替日となりますのでご注意ください。

クレジットカード

クレジットカードの場合、自分が指定したカード会社の締め日と支払日をよく確認しておきましょう。
というのも、カード会社によって締め日と支払日は異なるからです。

締め日 請求金額が確定した日付
支払日 クレジットカードの利用代金が引き落とされる日

例えば、楽天カードでは締め日が「毎月末」、支払日は「翌月27日」です。一方、MUFGカードは締め日が「毎月15日」、支払日が「翌月10日」となっています。

このように、カード会社によって締め日と支払日が全く異なることがわかります。そして、共通していえることは締め日から支払日までの期間が20日〜30日程度と長いことです。

よって、クレジットカードでの支払いを選択している場合、最終金額の支払いがかなり先になることも予想されます。そのため、締め日と支払日をよく確認し、支払時に残高不足とならないようにしておきましょう。

解約時にとるべき行動まとめ

料金プランの確認

まず、自分が契約している料金プランを契約書類またはお客さまページから確認します。通常プランでは違約金はかかりませんが、にねんとくとく割では1,100円(税込)の違約金が発生してしまうからです。通常プランであれば、いつ解約しても追加料金はかかりませんので次のステップに進みましょう。

にねんとくとく割の場合は、

  • 違約金が発生しても今すぐ解約したいのか
  • 更新月に合わせることは可能か

上記のことを一旦考えて、自分にとって最善な方法を選びましょう。もし、更新月が近い場合には、少し解約のタイミングを更新月にあわせた方が違約金が不要となるのでオススメです。

解約日の確認

「解約日はいつにしようかな?」と迷われる方もいるでしょう。しかし、解約日は手続きの際に必要なので、あらかじめ決定が必要です。

注意しておきたいのは、引越しをする場合です。引越しをする場合の解約日は、引越し当日または立ち会い日(賃貸の場合)いずれか遅い方に設定しましょう。引越し当日に電気がなくて困ってしまうケースや、立ち会いが夕方以降になると電気の使用を賃貸会社から依頼されることがあるためです。

インターネット・電話で手続き

契約プランと解約日の確認ができたらいよいよ解約です。インターネットもしくは電話で解約の手続きをしましょう。ただし、同一住所で電力会社を切り替える場合には手続きは不要です。

インターネットでの手続きは、24時間いつでも行えるのが魅力です。ENEOSでんきのホームページからお客さまページにログイン。ログインした後は、画面の指示に従って解約手続きを行うのみです。

前述した通り、ログインにはログインID・パスワードが必要な点にはご注意ください。

電話での手続きは、カスタマセンターに連絡して行います。受付時間が限られているデメリットはありますが、インターネットでの作業が面倒と感じる方にはオススメな方法といえます。

カスタマーセンターへの連絡先は以下となります。

  • 電話番号:0120-15-8704
  • 受付時間は午前9時〜午後5時(第3日曜日と年末年始を除く)

まとめ

今回は、ENEOSでんきの解約方法についてご紹介しました。ENEOSでんきの解約検討しているという方はぜひ参考にしてください。

今回ご紹介したように、にねんとくとく割での契約の場合は違約金がある為、注意が必要です。まず契約プランを確認し、少しでもお得に解約できるようにしましょう。