@Nifty WiMAXを解約する方法は?違約金や解約後の利用についても解説

Wi-Fi・WiMAX

「@Nifty WiMAXを解約したい」「でも違約金が発生するのかしないのか分からない」「解約後でもWi-Fiを使えるのか知りたい」

Wi-Fiルーターの利用でいちばん悩むのは「解約するとき」ですよね。そもそも解約する方法は?違約金はかかるのか?解約後でもWi-Fiが利用できるのか?など、さまざまな疑問が生まれるかと思います。

そこで今回は、@Nifty WiMAXを利用している方向けに「@Nifty WiMAXを解約する方法」について詳しく解説します。違約金の発生有無をはじめ解約後に覚えておきたいポイントなどもご紹介。ぜひ本記事の内容を、@Nifty WiMAXのスムーズな解約にお役立てください。

@Nifty WiMAXを解約する際のポイント

まずは、@Nifty WiMAXを解約する際に覚えておきたい3つのポイントをお伝えします。

  1. @NiftyとはWiMAXにおけるプロバイダの1種
  2. @Nifty WiMAXには「解約」と「解除」がある
  3. 解約月であれば「解約のキャンセル」が可能

1. @NiftyとはWiMAXにおけるプロバイダの1種

一般的にモバイルWi-Fiルーターとして知られているWiMAX。しかし、インターネットに接続する際には、必ずプロバイダ(回線事業者)が必要になります。そのプロバイダのひとつに「@Nifty」があるのです。

2. @Nifty WiMAXには「解約」と「解除」がある

@Nifty WiMAXには「解約」と「解除」の2種類があるので要注意。

具体的には以下の2パターンです。

  • @Niftyそのものを解約してしまうパターン
  • @Niftyの「WiMAXのサービスだけ」を解約するパターン

@Niftyそのものを解約した場合、IDをはじめ光ファイバーや接続コース、コンテンツなど契約していた全サービスの利用ができなくなります。

3. 解約月であれば「解約のキャンセル」が可能

解約後に「やっぱり@Nifty WiMAXを使い続けたい」となるケースもあるかと思います。そのような場合は、解約を申し込みをした月の月末までは、解約のキャンセルが可能です。

@Nifty WiMAXの解約・解除する方法は?

先ほどお伝えした「解約」と「解除」の具体的な方法をご紹介します。

@Niftyのアカウントごと解約する

@Niftyのアカウントごと解約する場合は、以下の手順となります。

  1. @Niftyの会員ページへログイン
  2. 「ID契約も含め、WiMAX契約を解約」をクリック

この手順を踏むことで、WiMAXを含む@Niftyの全サービスを解約することが可能です。

@Niftyの会員アカウントはそのままで「WiMAXだけ」を解約する

続いて、「WiMAXだけ」を解約する方法を見ていきましょう。具体的な手順は以下のとおりです。

  1. @Niftyの会員ページへログイン
  2. 「ID契約も含め、WiMAX契約を解約」をクリック

基本的に解約手続きは、「会員ページへのログイン」のみから受け付けています。電話やメールでの受け付けはできないため、会員IDやパスワードを忘れないようにしておきましょう。

@Nifty WiMAXの「違約金」の発生有無について

@Nifty WiMAXを解約する際の違約金は「契約プラン」によって異なります。

原則「2年以内に解約」すると違約金がかかる

@Nifty WiMAXの契約期間は基本的に「2年(24ヶ月)」であるため、2年以内に解約をすると違約金が発生します。

したがって、@Nifty WiMAXを解約をする際は「2年を過ぎてから」がベストです。解約のベストタイミングについては後ほど詳しく解説します。

違約金は「契約しているプラン」によって異なる

「WiMAX2+・Flat年間パスポート」を契約している場合、WiMAX2+・Flat年間パスポートを契約していて、更新月以外にサービスを解約する際は、違約金が発生します。1年目での解約で19,000円、2年目の解約で14,000円です。

「Flat・Step」を契約している場合、@Nifty WiMAXのFlat・Stepのいずれかのサービスを契約している場合は、違約金は発生しません。

「@Niftyレンタルサービス」を契約している場合、@Nifty WiMAXではPCやタブレットなどのレンタルサービスも提供しています。レンタルサービスを受けている途中でWiMAXを解約した場合、数千円〜10万円程度の違約金がかかるため要注意です。端末によって違約金の金額は異なります。

解約のベストタイミングはいつ?

「結局のところ解約のベストタイミングはいつなの?」という疑問があるかと思います。解約のベストタイミングは以下の3つです。

  • 25ヶ月目での解約が理想
  • 49ヶ月目、73ヶ月目も無料
  • 上記以外の月は解約金が発生する

1. 25ヶ月目での解約が理想

先述のとおり、@Nifty WiMAXの契約期間は「2年(24ヶ月)」となっています。2年以内に解約した場合、自動的に違約金が発生してしまうのです。そのため契約が満了した翌月、つまり「25ヶ月目」に解約するのがベストタイミングといえます。

2. 49ヶ月目、73ヶ月目も無料

なかには「すでに2年以上利用している」という方もいるかと思います。2年以上利用している場合でも、「3年(49ヶ月目)」「4年(73ヶ月目)」の節目で解約することで、違約金は0円になります。

3. 上記以外の月は解約金が発生する

前述のように2年目、3年目、4年目の解約では違約金は0円になります。しかし、「27ヶ月目」や「56ヶ月目」といった「契約の節目以外の月」での解約は9,500円の違約金が発生するので注意しましょう。

@Nifty WiMAXの「解約後」に覚えておきたいポイント

続いて、@Nifty WiMAXを解約した後のポイントについて見ていきましょう。

Wi-Fi機器の返却は不要

解約すると「Wi-Fi機器」が手元に残りますが、基本的に返却しなくてOKです。ただし、Wi-Fi端末やSIMカードなどを借りる「レンタルサービス」を契約している場合は、機器の返却義務があります。

「解除」の場合、解約後でも一定期間Wi-Fiの利用が可能

冒頭でお伝えした、WiMAXのサービスだけを解除する場合、解除を申し込んだ月の月末までWi-Fiサービスを利用することができます。したがって、残日数分の日割計算もできないため注意しましょう。

@Nifty WiMAXは再契約できる?できない?

次に、@Nifty WiMAXの「再契約」について深堀りしていきます。

現在、新規申し込みを受け付けていない

@Nifty WiMAXですが、2020年3月12日に新規申し込み受付を終了しています。したがって、一度契約を終了した場合、再契約ができません。

解約金を負担してくれるプロバイダに乗り換えるのが吉

なかには「どうしても再契約したい!」という方もいるはず。その場合は、「@Nifty WiMAXの解約金を負担してくれるプロバイダ」に乗り換えるのがおすすめです。

契約を申し込むプロバイダによっては、前契約の解約証明書を提示することで、解約金を負担してくれるケースがあります。スムーズに乗り換えるためにも、@Nifty WiMAXの解約時に「解約証明書」を発行しておきましょう。

解約時のポイントまとめ

これまでお伝えした「解約時のポイント」の中でも重要なポイントをまとめてみました。

  • 無料で解約するなら25ヶ月目、49ヶ月目、73ヶ月目がベスト

お伝えしたように、2年目(25ヶ月目)、3年目(49ヶ月目)、4年目(73ヶ月目)であれば違約金は発生しません。解約を考えている場合は、以上の節目の月に解約を申し込みましょう。

  • 「解約のキャンセル」ができるため一旦解約してしまうのが吉

@Nifty WiMAXでは、月末まで「解約のキャンセル」が可能です。そのため、解約したいと思ったら一度解約するのが吉。解約してみて不便に感じたら、解約をキャンセルして使い続けるのが良いでしょう。

まとめ

@Nifty WiMAXでは、そもそも「解約」と「解除」で意味が異なることや、違約金発生の有無など、他サービスと異なるポイントがいくつかあります。

繰り返しになりますが、@Nifty WiMAXにおいては、「2年目、3年目、4年目」を迎えるタイミングでの解約がおすすめです。解約のキャンセルもできるため、一度解約してしまうのが良いでしょう。

スムーズに@Nifty WiMAXの解約手続きを進めるためにも、ぜひ本記事の内容をお役立てください。